世界的調査が日本のビール市場における投資と開発の要因を特定

Brewing trend report

Watson-Marlow が発行した新たな市場動向報告書は、世界のビール市場に影響する多くの要因を提示しました。

この報告書は豊富な情報と知見を与え、日本のあらゆる規模のビールメーカーが業界の原動力をより良く理解することで競争優位性をさらに高めるのに役立ちます。

この報告書の執筆者は、消費者主導型行動の顕著なシフトと水不足のような広範囲の持続性の問題を、変化とイノベーションの原動力と指摘しました。 

高い評価を受けている国際醸造科学センター(International Centre of Brewing Science)からの寄稿を含む、WMFTGの醸造動向報告書における全体的なメッセージは、ビールメーカーがプロセス効率を落とさずにどのように競争力を付けられるかに重点を置いています。

投資の的を絞る 

WMFTGは、ビール醸造業界が世界最大手の有名ブランドの多くに要求する衛生品質管理基準で最大の生産稼働時間を実現するサインポンプおよびチューブポンプ技術を提供しています。この報告書はビール醸造分野の投資決定に焦点を合わせ、それを正当化するのに役立ちます。

 ノッティンガム大学国際醸造科学センターの助教授でマスター・ブリュワーでもあるロッド・ホワイト氏は次のように語ります。 

「ビール醸造所が競争力を維持するには、高度な稼働効率を保ちながら幅広いスタイルのビールを醸造できなければならない。低コストで高品質のビールを生産するプレッシャーが年々高まっている。この報告書では、世界的な業界で起こりつつある主要な変化の一部を検討し、今後数年後に生まれる動向の一部を模索する。この報告書が人々の役に立つことを期待している。」

この報告書は、製品品質の向上とより高い全体的機器効率の向上を提供する技術に投資することで、無駄の削減、効率向上、コスト節約も達成できることを大小様々な規模の醸造所が理解する手助けとなります。これらの特徴はともに収益の向上と市場占有率の増加を保証します。

「日本のビール市場にこのような素晴らしい機会を見出せることを嬉しく思います。革新的な技術と予防的な機器メンテナンス戦略を採用することで、最大のプロセス効率を達成できます」と、ロッド・ホワイト氏が助言します。  

この報告書は、ビール醸造分野に機械学習とビッグデータを適用する利点も強調しています。例えば、各バッチで発酵したビールの割合や、生産の次行程に進むべきタイミングを予測することが可能になりました。横断的な流通経路とともに、生産予測向上のための人工知能を使用することで、醸造所はスムーズな流通を確実にでき、無駄を減らせます。

醸造動向報告書のコピーはオンラインや冊子(ご請求に応じて)で用意しています。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信