ステンレス鋼は過去のバイオ医薬品製造プロセス技術ですか?

Inline forged

シングルユース技術はバイオ医薬品製造プロセス技術における最新の最も期待できる展開としてもてはやされ、急速にステンレス鋼に代わって多くのバイオ医薬品製造プロセスエンジニアに好まれる材質となっています。これは真実でしょうか?ステンレス鋼から切り替えて失敗はないでしょうか?CRB取締役のMarc Pelletier氏と、ASEPCOインラインバルブを最近発売したWatson Marlow Fluid Technology Group(WMFTG)の一員であるASEPCO社のMark Embury氏が、本日発行の新記事の中でステンレス鋼は過去の技術であるかについて語っています。

シングルユース技術は洗浄の必要性を排除するため、特に汚染回避の点では利点があります。これは、バイオ医薬品プロセスエンジニアにとって必須の留意事項である規制要件を満たす上で特に重要です。また、ステンレス鋼構成部品よりも初期費¬¬-用がかなり低く、プロセス再設計の費用が低下します。アジア太平洋地域のシングルユースバイオ医薬品製造プロセス市場は、2024年までに14億米ドル規模となると予測されています。中国がこの地域のイノベーションをリードしており、2015年にシングルユース技術の新製品の33%が中国から発売されました。ただし、日本も急速に後を追っており、シングルユース分野で飛躍的な成長を示しています。

しかしながら、シングルユースにも課題はあります。初期費用は低いものの、構成部品の継続的な供給でかなりの経費がかかる場合があります。拡張性も問題であり、大規模なバイオ医薬品製造プロセスではステンレス鋼がまだ最良の選択肢となるという、アジアの大規模で増大する人口に対応するために重視すべき事項があります。

1つのシステムに依存するとバイオ医薬品製造プロセスの発展の可能性が制限されませんか?この記事では、Marc Pelletier氏とMark Embury氏がバイオ医薬品製造プロセスに自ら取り組んださまざまな経験を交えて、ステンレス鋼技術およびシングルユース技術の両方の利点および限界を議論しています。弊社の産業専門家による最新の知見については、この記事をダウンロードしてください

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信