自動注入機能が製造戦略の転換を促進

バイオ医薬品会社のFlexiconおよび520ポンプ腹腔鏡検査機器メーカーは、Flexicon技術を利用して社内製造への切り替えを行いました。

課題

生産高約£1,800万~2,000万のCory Medical Systemsは、Cory Bros Groupの製造部門です。継続的進歩を重んじる同社はその一環として、海外からの購入品目、すなわち内視鏡レンズに使用される曇り止め剤について、リードタイムと柔軟性の問題を解決したいと考えていました。曇り止め剤は、患者の体内で先端レンズに凝固物が形成されるのを防止するものです。6 ml瓶入りの液体には、脱イオン水、低刺激アルコール、界面活性剤、およびその他の添加物が一定の割合で配合されています。Cory Medicalは柔軟性と物流管理を検討した結果、外注から社内製造への切り替えによって増益を図れることに気づきました。

ソリューション

 Cory Medicalは、520Di卓上式充填ポンプにFlexicon FF20自動瓶注入システムを組みあわせて設置しました。当初はポンプのみの購入を検討していましたが、このポンプは瓶の操作に3名の人員が必要です。Flexicon FF20自動瓶操作システムを追加することで、必要なオペレータは1人になりました。人員削減と生産性の増大により、投資効果も早期に得ることができました。

成果

 Cory MedicalはFF20および520Diを使用して、Cory Medicalは毎年最大25万本の曇り止め剤を製造することができます。このシステムによってリードタイムは短縮され、在庫も縮小することができます。同社では、以前は棚卸しに約6~8週間を費やしていました。さらに、予期せぬ需要が発生した場合は、きわめて迅速に製造を切り替えることができます。ちなみに、同社はこれまで液体のポンプ移送や充填操作の経験はまったくありませんでした。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信