充填と流量の再校正

620充填ポンプによる精度の向上ワシントン州シアトルにあるバイオテクノロジー企業は、オン/オフスイッチで制御する直動式ポンプヘッドを使用して、培養液を1L瓶に供給していました。制御を手動スイッチで行っていたため、精度と使い勝手の面で問題があり、それが代替策を模索するきっかけとなりました。Watson-Marlow社は、チューブポンプソリューションとして620充填ポンプを提案し、2週間試用できるデモポンプを提供しました。

その結果、高精度な充填が620 Diポンプの非常に魅力的な機能であることがわかりました。±0.5%の吐出精度により、製品の廃棄が減少し、システムの信頼性が高まりました。定期的な充填量の再校正も、ロットの吐出を妨げずに「その場で」行えるようになり、これも時間の節約と生産性の向上につながりました。さらに、620では50種類の充填プログラムを使用できるため、これまでオン/オフスイッチで行っていた手動操作が不要になり、全体的な保守コストが減少しました。

 

620シリーズの詳細

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信