チューブポンプを使用した動物ワクチンの製造

Flexicon FS10_FS32半自動注入Flexiconチューブ式充填ポンプは、画期的な注入/キャッピングソリューションを提供します。

課題

MSD Animal Health(MSDAH)は従業員数350人の企業で、さまざまな獣医用医薬品を製造しています。需要の増加に伴い、既存の無菌室の処理能力は限界に達していました。その結果、MSDAHは動物用ワクチンの製造に使用する細菌/出発物質を処理するために、液体注入/キャッピング能力を強化したいと考えていました。重要な点は、バイアルの注入プロセスを無菌かつ隔離された状態に保つことでした。  

ソリューション

アイソレータ専門会社Extract Technologyとの協力によるソリューションは、Flexicon PD12Pチューブ式充填ポンプを中心としたものでした。ポンプの駆動部とコントロールパネルをアイソレータの外部に配置し、ポンプヘッドだけをユニットに組み込むために、特注のフランジが設計されました。細菌種培養液と賦形剤はアイソレータで混合され、ステンレス鋼のトレイに固定されたバイアルにチューブポンプで充填されます。チューブポンプによる充填では、無菌チューブと注入ノズル以外は製品に接触しないため、クロスコンタミネーションの可能性はありません。Flexicon FS10半自動卓上式キャッピング機は、最大1,000ユニット/時の速度でバイアルを密閉します。

成果

Flexicon注入/キャッピング装置は、制御、操作、保守がしやすい状態でアイソレータに組み込まれています。それ以外のシステム装置はすべてアイソレータの下側に配置されているため、MSDAHはスペースを大幅に節約し、効率性を高め、最大の費用対効果を得ることができました。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信