高粘度薬剤の混合に対するソリューション

Aeropak社のサインポンプAeropakでは、3台のサインポンプで主力ブランド製品を移送しています。

課題

Diomed Developmentsの子会社であるAeropak (Chemical Products) Ltd社は、Doublebaseエモリエントジェルやいぼ治療薬のBazukaなど、複数の主要ブランドの市販薬および処方薬を取り扱っています。Aeropakは処理能力の強化を促進するために、製造プロセスをベストプラクティスの水準にまで高めたいと考えていました。

ソリューション

同社は3台のサインポンプ、すなわちSPS2、SPS2.5MR130モデルを導入しました。これらは主として、混合容器内の大量生産品をホモジナイザで再循環させるために使用されます。これは品質を維持するために必須のプロセスです。Doublebaseなどの製品は、高粘度でせん断に弱く、効果的に混合することが製造において必要不可欠であるからです。これらのポンプは、製品を混合容器から大量貯蔵コンテナへ移送する際にも使用されます。Aeropakは、穏やかで低せん断の製品移送能力が、ポンプの購入を決意した根拠となったと述べています。

成果

Doublebaseなどの製品の粘度は、サインポンプでは何の問題にもなりません。保守と洗浄も、経済的なインライン方式で簡単に行えます。製品交換の際には、すばやく簡単にポンプの取り外し、洗浄、試験、再組み立てができます。Aeropakでは、その他の複数の自社製品の移送方法を改善するために、チューブポンプ技術の導入を現在検討中です。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信