移送用途における精度と信頼性

825台車搭載型ポンプミズーリ州セントルイスにある世界的大手製薬会社は、ダイヤフラムポンプを使用して、トートからサージタンクへ咳止めシロップを移送していました。しかし、ダイヤフラムポンプで脈動が発生するうえ、交換や保守作業のため頻繁に稼働が停止しました。これらの問題を軽減するための対策として、同社はWatson-Marlow社製品を選択しました。

古いダイヤフラムポンプをWatson-Marlow社の825ポンプに切り替えることで、深刻な脈動の問題は緩和され、精度と信頼性が向上するという別の効果もありました。Watson-Marlow社のチューブポンプ技術により、研磨性シロップの移送にボールバルブやチェック弁の操作は必要ありません。チューブポンプは揚水に可動部品を使用しないため、ダイヤフラムポンプよりも保守作業が簡単です。安価なチューブを交換するだけで、数分のうちに再稼働させることができます。

この会社はWatson-Marlow社の825ポンプの性能に非常に満足しています。同社は現在、最小限の稼働停止と保守作業で、脈動の少ない一貫した製造プロセスを維持しています。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信