バイオ医薬品会社向けのチューブポンプソリューション

520濾過ペンシルバニア州ホーシャムにある、急成長している新興のバイオ医薬品会社は、最新の精製プロセスで「ノーブランド」のチューブポンプを使用していました。濾過システムには高圧力が要求されるため、Sta-Pureチューブを使用する必要がありました。同社はこのノーブランドポンプの圧力不足に大きく落胆し、同じ会社が製造している別の容積式ポンプに切り替えました。

この頃、同社では新しい精製プロセスを開発中でした。開発グループは濾過カセットシステムを使用し、ポンプとチューブの仕様を決定しました。ホールドアップ体積を最小限に抑えようとしていたため、ロータリーローブポンプはできる限り使用したくありませんでした。開発グループは、チューブが最大0.3 MPaを超える圧力を出力できると聞かされていました。小型スキッドを初めて始動させたとき、開発グループは大いに落胆しました。ポンプは0.2 MPa以上の圧力を出力できませんでした。そこで開発グループは、別のポンプを導入しました。このポンプでは必要な背圧が得られたため、問題は1つ解決しましたが、別の問題が発生しました。新たな問題とは、このポンプを使用したときの脈動の振幅(±0.2 MPa)が大きいため、濾過カートリッジが破損することでした。

2番目のポンプは圧力不足を解決しましたが、脈動の大きさによって新たな問題を引き起こしました。新しいポンプの脈動によって、濾過カートリッジが破損しました。同社は不満を募らせ、再び解決策を探し始めました。

高圧が必須要件であることと脈動の問題について同社と話し合った結果、Watson-Marlow社は520Du/Lポンプがこの業務に最適であると判断しました。脈動ダンパーに連結して使用するWatson-Marlow社製の低脈動ポンプヘッドにより、脈動の振幅は±5 psiまで減少し、ノーブランドポンプの±0.2 MPaと比べると格段に少なくなりました。低脈動、高精度の520Du/Lポンプはお客様のニーズに応えるとともに、それ以上の効果を発揮しました。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信