セラミック泥漿

セラミック泥漿

セラミック泥漿のポンプ移送は、セラミック産業の関係者の間ではあまりにもよく知られた問題です。製造効率と製品品質を高めるには、泥漿の均一性を適切な水準で維持する必要がありますが、セラミック泥漿は研磨性があるため、それは多大な困難を伴います。とはいえ、その解決策を見出したセラミックメーカーが徐々に増えています。

建材の世界的大手であるPilkington Tiles社もその一つです。同社は現在、16台のBredel社製ホースポンプを使用して製造プロセスの各段階で泥漿を制御し、ブランジャからスプレードライヤに泥漿を供給しています。廃棄製品から再生した泥漿を2台のポンプで移送し、別の1台がそれを再生タンクから振動ふるい機へ移送し、4台目のポンプはふるいにかけられた製品をスプレードライヤの供給タンクに戻します。最終段階では、さらに別のSP-40ポンプが廃棄物をスプレードライヤから排水処理プラントへ移送します。

全体的に見ると、PilkingtonではBredel社製ホースポンプを設置して以来、稼働停止時間が短くなり、予備部品のコストが低減され、品質基準が全般的に向上しました。ゴムライニングの遠心力ポンプをホースポンプに切り換えた結果、エネルギーコストが大幅に減少するという思いがけないメリットもありました。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信

セラミック用Watson-Marlow社製ポンプ

セラミック用Watson-Marlow社製チューブ