研磨性のあるコーティング剤の吐出

コーティング剤Permastore Ltd社では、コーティング加工の主要な作業で使用していた圧力調節器を、Watson-Marlow社製チューブポンプに切り替えました。このポンプによって流量制御機能が向上し、ガラスコーティングの鋼板やパネルにおける材料利用率が増大しました。

Permastoreでは、こうした特殊加工パネルで構成されるさまざまな貯蔵タンクを製造しています。このパネルは、両面に耐腐食性ガラスコーティング剤が溶着されているため、農業、工業、排水用途での固体および液体貯蔵に適した硬質で低摩擦、かつ驚くほど頑丈な製品に仕上げることができます。

パネルコーティングの工程では、加工済みのスチールシートの表面に、厳密に制御されたコーティング剤を吹き付けます。コーティング剤は、鉱物、粘土、触媒が含まれた、研磨性が高く毒性のある懸濁液です。

この工程では、これまで圧力調節器が使用されていましたが、流体粘度の違いや、スプレーガンがシートの表面上を垂直移動するときに発生する背圧の変動に上手く対応できなかったため、それに代わるものとしてWM- 500シリーズポンプが採用されました。

既存の制御システムにインライン化され、 Marprene チューブを備えた500シリーズポンプは、噴霧システムに正確な分量のコーティング剤を供給し、1日最大14時間稼働します。

このポンプは、遠隔操作の停止/始動によるすばやい制御が可能です。また、スプレーガンの制御機能と一体化されているため、対象に向かって高精度な噴霧ができ、コーティング剤の無駄もありません。

 

520シリーズの詳細

 

 

 

 

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信