鉄道産業における砂スラリジェルの吐出

鉄道車輪秋季の落葉問題への新しい対処法を探していたNetwork Rail社は、粉砕された葉から発生するセルロースフィルムを分解する、線路用トラクションジェル塗布機の製造をPortec Rail Product (UK) Ltd社に依頼しました。このプロジェクトの一環として、砂が含まれたジェル、すなわちSanditeを移送するために、Watson-Marlow社製のチューブポンプが採用されました。

ポンプは塗布機の重要な構成部品です。したがって、Sanditeや厳しい環境に対応できるポンプを選択することが先決でした。Portec Rail Products (UK) Ltd社は、羽根車ポンプなど数種類のポンプを試しました。しかし、それらのポンプはすぐに詰まってしまい、Sanditeに含まれる砂スラリを処理できませんでした。「他のポンプと違い、Watson-Marlow社製の701Rポンプヘッドは流体を問題なく移送できました。秋は特に、停止時と加速時の牽引力の制御が大きな問題になります。駅に接近するときと発車するときは、線路上で制御力を維持することがきわめて重要です。そのため、塗布機のあらゆる構成部品に全面的な信頼性が求められます」とPortec Rail Products (UK) Ltd社のChris Twiggマネージャは述べています。

線路用塗布機はキャビネット形式で、線路から5~6m離れた場合に設置され、線路に取り付けられた誘導センサに接続されています。誘導センサが接近する列車を認識し、キャビネットに信号を送ると、WM- 701Rチューブポンプが始動します。701Rポンプヘッドは貯蔵容器からSanditeを吸い込み、レールヘッド側面に装着されたスプレッダに供給します。その後、スプレッダの6 mm穴からジェルが線路上面に吐出され、葉の物質を分解する液体だまりが形成されます。

Watson-Marlow社製のポンプヘッドを採用した理由を聞かれると、Network Rail社のAndy Scobie氏は次のよう答えました。「当社はよく似た用途で以前にWatson-Marlowポンプヘッドを使用したことがありました。そのとき非常に良好な結果が得られので、もう一度使用することにしたのです。」

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信