醸造所

ビール生産プロセスの品質向上、コスト削減、廃棄物削減

醸造プロセス図

ビール醸造は、耐久性があり、堅実な持続可能な処理ソリューションを必要とする複雑な多段階プロセスです。醸造プロセスは、粘性が高く研磨性を持ち、せん断の影響を受けやすい原材料を使用しており、これらの材料は移送が困難な場合があります。一流ブランドのビールには、生産効率を常に追求しながら一定の高品質を維持するために、信頼できる流体移送機器が必要です。

お客様の醸造プロセスは、稼働時間増加とコスト削減により効率化します。弊社製品は以下に役立ちます

競争の激しい飲料市場は、衛生規格やエネルギー効率規格への適合を求める必要性が、ますます高まっています。

Watson-Marlow Fluid Technology Groupでは、弊社の全製品を厳しく試験し、弊社のサプライチェーンを監査することで、最新の規制の枠組みを満たす製品の安定供給を確実にしています。専門エンジニアとテクニカルサポートチームの世界的なネットワークに支えられ、弊社はお客様と協力して工場の設計プロセスおよびエンジニアリングプロセスを簡素化します。

ビール生産プロセス

醸造プロセスは一般に大麦から始まります。そして麦芽製造、粉砕およびろ過段階を経て麦汁が生産されます。出来上がった麦汁は、ホップや個別の醸造に応じた他主要成分と共に煮沸され、その後、不要な固形分が渦流により取り除かれます。

麦汁は冷却されてから重要な発酵段階に入り、そこで、酵母が添加(ピッチング)されて、糖分をアルコールおよび炭酸ガスに変えるプロセスが開始されます。アルコールおよび炭酸ガスの両方は、高品質で安定したビールを生産するために厳密に管理されなければなりません。

発酵後のビールは次に、味および香りのような必要な特性が満たされるまで調整槽で熟成されます。その後、ビールはろ過され(瓶、缶、小さい樽などに)分注されます。小規模なクラフトビール醸造所であっても、大きな工業規模のビール生産業者であっても、基本的なプロセスは本質的に同じです

品質処理機器および専門サポート

酵母の丁寧な移送、添加物の正確な注入、研磨性珪藻土のポンプ移送、または水処理用化学薬品の計量のすべてにおいて、Watson-Marlow Fluid Technology Groupはお客様の醸造プロセスの全段階を最適化するためのポンプ移送ソリューションを提供できます。

弊社の革新的なチューブポンプおよびサインポンプシリーズは、製品が損傷なく正確かつ衛生的に移送または分注されることを確実にし、醸造所に以下の利点をもたらします。

醸造プロセス用のポンプに加え、Watson-Marlow Fluid Technology Groupでは、醸造業に理想的なAflex社のPTFEライナー付きホースアセンブリのような、専門流体移送製品も提供しています。

弊社の多様な製品シリーズは、専門エンジニアの世界的なネットワークによって支えられており、そこからお客様に流体管理ソリューションを提供しています。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信