醸造における注入

醸造プロセスにおける注入

添加物注入およびCIP化学薬品注入における精度および品質の向上

醸造プロセスでは、さまざまな段階で異なる化学薬品の正確な注入が必要となります。これらは直接的に、香料または着色料のようなビール生産プロセス自体の一部であったり、定置洗浄(CIP)のようなシステム洗浄方式の一部であったりします。

香料および着色料の注入は、ビールの正しい味、香りおよび外観が達成されることを確実にするために醸造所にとって重要です。これは通常は発酵前に行われますが、(瓶、缶、小さい樽などに)詰める前の最終段階で実施されることもあります。

正確で信頼できる注入技術で品質を保証

お客様は与えられたビールが常に同じ味、香り、外観であることを期待します。必要な品質を達成するため、成分および化学薬品を非常に正確に注入し、ビールの香料および外観が一貫するように保証する必要があります。

Watson-Marlow Fluid Technology Group(WMFTG)の添加物注入チューブポンプは非常に正確で再現性があります。流量は流体粘性または配管サイズの変化に影響されません。これによって、適切な量を添加するために高価な香料または着色料を過度に注入する必要がなくなり、コストが最低限に抑えられ、品質が維持されます。

香料および着色料を管理するために使用する添加物は非常に粘性があったり、少なくとも濃度が異なったりすることがあり、多くの薬液注入ポンプが流量変化または制限を経験する場合があります。場合によってはバルブまたはシールの動きが取れなくなり、保守および稼働停止時間が増加する可能性があります。一部の添加物も研磨性があり、摩耗や薬液注入ポンプの早期故障につながる場合があります。香料および着色料を注入するWMFTGのBredelおよびCerta薬液注入ポンプは、優れた吸込み力と粘性製品の移送力により、この課題に対処できます。

CIP化学薬品の注入でも、精度が非常に重要です。必要な高い衛生度を満たすため、水酸化ナトリウム、過酢酸および炭酸ソーダのような化学薬品が醸造プロセスの配管および機器を通しポンプ移送されます。これらの化学薬品の注入の過不足があれば、洗浄が効果的でなくなり、付加的な洗浄サイクルまたは化学薬品の無駄のためにコストが増加します。WMFTGのQdosおよびBredel CIP薬液注入ポンプの精度のおかげで、このことは問題とはなりません。

一部の洗浄用化学薬品は腐食性であるため、作業者の安全が最も重要です。WMFTGポンプはすべての化学薬品を安全に収容します。これらのポンプは、保守前に配管を完全に空にするために、流れを逆流させることも可能です。

醸造所CIP業務における安全な化学薬品注入

パンフレットのダウンロード

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信