醸造におけるろ過

醸造におけるろ過

ビールのろ過中にコストを削減しながら精度および品質の向上

ビールは醸造プロセスから残った沈殿物を除去するためにろ過されます。ビールの物理的外観だけでなく、その味と香りも向上させるには、これらの微粒子を除去する必要があります。

ろ過は、醸造プロセスの終わり頃に添加される清澄剤を使用します。さまざまな属性を持つ多くの種類の清澄剤があり、それらはさまざまな方法で作用してビールの最終的な品質を向上させます。

キースラガーとしても知られる珪藻土は、(残留酵母を含む)不要な粒子を除去し、必要な一貫した外観および味を生み出す優れた能力のために、醸造においてろ過手段として通常使用されている研磨性物質です。これは通常、発酵段階および熟成段階の後に添加されます。

その他の清澄剤には、ポリビニルポリピロリドン(PVPP)およびシリカゲルがあります。これらは不純物を抽出してくもりを除去し、澄んだ最終製品を生産するために使用されます。

正確で着実な注入および移送

必要な品質を達成するには、キースラガーまたはPVPPを正確に注入する必要があります。これは一貫したビール風味および外観を保証するために重要です。顧客は与えられたビールが常に同じ外観、味、香りであることを期待します。

Watson-Marlow Fluid Technology Group(WMFTG)の薬液注入チューブポンプは極めて正確で再現性があります。流量は流体粘性または配管サイズの変化に影響されません。これによって、適切な量を添加するために高価な清澄剤を過度に注入する必要がなくなり、コストが最低限に抑えられます。

清澄剤、特に珪藻土は研磨性である場合があり、そのため、多くのポンプ種類に早期摩耗を引き起こします。弊社のBredelシリーズのホースポンプを清澄剤注入に使用すると、研磨性流体を摩耗なく容易に移送でき、保守コストおよび稼働停止時間の低下に繋がります。さらに、閉鎖するバルブもシールもなく、コストのかかる稼働停止時間がなくなり、保守が簡素化します。

キースラガー、PVPP、シリカゲルまたはその他の清澄剤と同様に、WMFTGのBredelチューブホースポンプはプロセスからろ過されたスラリを除去するための使用に最適です。このスラリは研磨性があり、非常に粘度が高く、他社のポンプでは移送が困難です。これは、研磨性材料を移送に適し、さらに優れた吸込み力を備える弊社のホースポンプでは問題はありません。弊社のホースポンプは最大9.14m(30フィート)の吸込み持ち上げが可能であり、自動プライミング式です。ポンプは空運転しても損傷はありません。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信