醸造所でのホースポンプによる品質向上

ビールの泡ピストンポンプをホースポンプに切り替えることで、溶存酸素の混入を防止できます。

課題

Anheuser-Busch InBev醸造所では、従来型のピストンポンプによって品質の危機が生じていました。この施設はStella ArtoisやBoddingtonsなどのブランドを製造しており、欧州最大の生産量を誇る醸造所の一つです。しかし、ピストンポンプでは、珪藻土の充填中に溶存酸素(DO)がビールに混入する可能性があります。珪藻土とは、スラリに含まれる堆積物で、フィルタ上に重要かつ必須の層を形成します。困ったことに、ピストンポンプの排出側にあるステンレス鋼の逆止弁が、珪藻土の腐食性によって詰まるようになりました。その結果、醸造所は保守作業やポンプの交換を余儀なくされ、必然的にビールが外気に触れることになります。ビール中にほんのわずかなDOがあるだけでも風味が変わり、気が抜けてしまう可能性があります。醸造所は、プロセス全体を通して10 ppb(10億分の1)未満の厳しいDOレベルを維持できる、新しい方法を必要としていました。

ソリューション

醸造所は、3本のフィルタ管のうちの1本にBredel社の25ホースポンプを導入しました。チューブポンププロセスでは、酸素がプロセスに混入することはありません。

成果

Anheuser-Busch InBevは、Magor醸造所でのフィルタ管プロジェクトで大きな成果を得られたことから、さらに3台のBredel社製のホースポンプを別の醸造作業用に購入し、同じ用途で使用しています。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信