バター製造における塩水の充填

バターの塩水漬けポンプ機能に問題が発生すると、その解決策をWatson-Marlow社製のチューブポンプに求める加工業の技術者が増えています。食品産業での問題解決の一例として、A.J. & R.G.Barberの有名なMaryland Farm農場バターが挙げられます。ここでは、塩水の充填作業にWatson-Marlow社製のポンプを使用しています。

当初取り付けられていたローブロータ充填ポンプは、塩水の腐食作用によって損傷し、安定的な充填速度を維持することもできませんでした。その結果、多大な保守作業と稼働停止時間が発生し、製造の停滞によって費用がかさみました。

エンジニアリングマネージャのJohn Boothman氏は、手動で速度を変更できるWatson-Marlow社の604S/RLポンプの導入を決め、今やBarbersでは充填の問題は過去の話になっています。

スラリ状の塩水は、チルド貯蔵タンクから連続バター製造機の注入口へ直接移送されます。正常な充填速度は10L/hrで、ポンプは通常、週3回、約4時間稼働します。塩水はエラストマ系のチューブポンプ内で完全に密封されるので、腐食の問題は解消され、粘度の変動が塩水の充填速度に影響することもなくなりました。

このポンプは直線状でシールとグランドパッキンシールがなく、製品が滞留する隙間もないため、洗浄は水で洗い流すだけで十分です。現在、2台目のWatson-Marlow社製のポンプが設置され、殺菌剤の移送に使用されています。

 

600シリーズの詳細

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信