卵のポンプ移送で非破損率が350%改善

Watson-Marlow社の840シリーズ日本のある食品加工会社は、卵黄の破損を減らすために840シリーズサニタリーチューブポンプを購入しました。同社では、卵の黄身と白身をポンプ移送してチルド加工したものを、寿司に添える分厚い卵焼きを製造している食品加工業者に発送する必要があります。このポンプは、非破損率70%という驚くべき性能で卵黄を加工できるため、より高品質な製品を製造できます。同社が以前使用していたポンプと比べると、350%という驚異的な改善率を達成しました。

毎日約60,000個の卵黄と卵白をチルド加工するのは、容易なことではありません。しかし、これは日本での需要であるため、この一風変わった加工上の難題に対し、解決策が至急必要とされていました。日本では昔から、寿司は最大2cm厚さに切った卵焼きとともに供されます。提供される新鮮な寿司に見合った卵焼きの品質を維持するために、製造業者は割れていない卵黄をできる限り多く必要としています。

しかし、この食品加工会社が他社製のポンプを使用したところ、割れずにポンプを通過する卵黄はわずか20%でした。現在の発注レベルを維持するには、状況を改善する必要がありました。

ポンプを低速で始動し、20rpmまで加速すると、理想とする約1,000L/時の流量が得られました。以前よりもはるかに高い確率で移送後も卵黄が割れずに保たれることは、すぐに明白になりました。

驚きかつ喜んだ多数の加工スタッフが卵黄を検証し、約70%が割れていないことを確認しました。同社は現在、Watson-Marlow社の840シリーズサニタリーチューブポンプを導入するために、加工処理のアップグレードを進めています。

 

800シリーズの詳細

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信