低速運転によるホース寿命の延長

Bredel社のSPXホースポンプケンタッキー州ミドルズボロのハム製造会社は、自社の新しいWWTPの設計に適したポンプを探していました。ポンプには、気泡浮上分離法(DAF)処理で発生する浮遊物の移送に対応できる機能が必要でした。

設計技術者は当初、この用途にスクリューポンプを検討していましたが、以前にロータやステーター、ユニバーサルジョイントが摩耗した経験を踏まえて、ホースポンプを採用しました。技術者は、Bredel社製のホースポンプと他のチューブポンプメーカーのホースポンプを比較しました。どちらのホースも内径はほぼ同じでしたが、「ピッチ円直径」すなわちポンプヘッドの半径はBredel社製のホースポンプの方が他社製品よりもかなり大きいため、ホースの直径が同じ場合、弊社製品の運転速度は他社製品の半分以下です。したがって、ホースの寿命は2倍以上になります。

この会社はBredel-80とBredel-40を2台ずつ、合計4台のBredel社製のホースポンプを購入することにしました。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信