手動プロセスに代わる香味料充填ポンプ

クッキーメーカーでの香味料充填ジョージア州アトランタの有名なクッキーメーカーは、香味料をポンプ移送する方法を探していました。これまでの香味料充填プロセスでは、時間のかかる手作業で注入、計量を行っていました。このメーカーは、そのプロセスを自動化できるポンプを求めていました。

同社はバニラエッセンスの処理工程で、Watson-Marlow社製のチューブポンプを含む数種類の充填ポンプを試しました。その結果、高い充填精度と反復再現性を備えたWatson-Marlow社の600シリーズ充填ポンプが、他社の充填ポンプよりも優れていることが判明しました。

このメーカーは、香味料やキャラメル香辛料、オレオターメリック、人工レモン香味料、バニラエッセンス、液体キシラナーゼ、トマト香味料などの充填用に、5台のユニットを設置しました。互換性の維持と製品寿命延長のために、Marpreneチューブとシリコーンチューブが取り付けられました。ポンプは香味料タンクの下のカート上に配置されています。Watson-Marlow社は、特殊設計のコントロールボックスも作製しました。充填サイクルが終了すると、このボックスからPLCに閉接点信号が送られます。こうして改良された自動化設備によって、オペレータによる香味料添加プロセスの監視は不要になりました。620Diには、IP55エンクロージャという機能もあります。これは洗浄のために必要なだけでなく、ポンプの設置場所では空気中に多量の粉末やほこりが含まれているため、ポンプが適切に保護されていないと内部部品が傷つく可能性があるという点からも、重要な機能です。

 

600シリーズの詳細

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信