研磨性スラリ移送時の磨耗の減少

Bredel SPXホースポンプオハイオ州クリーブランドにある大手食品加工会社は、ジャガイモとマカロニのサラダを製造しています。同社の有名なポテトサラダの製造プロセスにおける最初の手順は、ジャガイモから砂、ごみ、皮を取り除くことでした。これまで、ジャガイモから出る廃棄物スラリの移送にはロータリーローブポンプが使用されていました。研磨性のあるスラリは、ロータリーローブポンプのロータや本体が早期に摩耗し、高額な保守費用がかかっていました。

一定の調査を行った後、この会社はBredel社製のホースポンプを試してみることにしました。ロータリーポンプと異なり、ホースポンプ内部のロータはジャガイモ廃棄物に接触なしいため、ロータやホースが研磨性によって摩耗することはありません。摩耗したり交換を要したりするシールがないので、保守作業は単純なホース交換だけになり、工場の時間と費用を節約できました。

 

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信