主要なエネルギープラントが、Bredelホースポンプの採用と共に、バイオマスに切り替わります

Bredel pompen bieden een maximale betrouwbaarheid voor toepassingen in moeilijke omstandigheden en met hoge opbrengsten. Ze vereisen bovendien weinig onderhoud en besparen tijd en geld.デンマークのStudstrupにあるDong Energyの熱発電(CHP)プラントにおける研磨剤移送プロジェクトに、Bredelホースポンプが導入されました。

このプロジェクトでは、持続可能なエネルギーを供給するという目標に沿って、石炭からバイオマス燃料へと施設が切り替えられました。Bredelホースポンプは、高密度で不均一な塊である研磨性粒子や、高圧などの具体的な課題を克服し、スクリューポンプより優れた性能を試験によって実証した後、リードコントラクターであるEuroconにより選定されました。

プロセスの転換

石炭からバイオマス(木材ペレット)に転換するにあたり、Dong Energyは石炭燃焼から発生する灰を燃やすためのプラントを建設し、排煙に含まれるアルカリの結合を最適化する必要がありました。これは、ボイラーの壁にスケールが蓄積したり、壁が腐食したりしないようにするため、deNOx触媒の毒作用をさせるためです。


このため、飛散灰は35%の水と混合され、長さ650mのパイプラインを通じて各充填タンク(それぞれに再循環ラインがある)に供給され、最終的にペレットミルに投入されます。内部では、沈殿を回避するため4台のBredel 80ホースポンプが配置され、飛散灰スラリを循環させ再循環ラインからバブコックボイラーに充填されます。

灰スラリは、それぞれBredel 40ポンプが取り付けられた4台の木材ペレットミルを介して充填されます。この設備には合計で21台のサイズの異なるBredelポンプが含まれていて、そのうちの何台かは連続的に稼働しています。

ホース寿命を延ばし稼働時間を最大化する

プロジェクトの初期段階で、ホースの消耗速度が高いことは明らかでした。この場合、WMFTG、EuroconおよびDong Energyは、協力しプロジェクトを立ち上げることより、大幅なコスト削減につながるソリューションを考案しました。(飛散灰は従来の方法で1台約£500,000の大型ポンプによって処理されていました。)

このプロセスをわずかに変更することにより、Dong Energyで使用される天然ゴムホースエレメントの寿命を最大化できたのです。WMFTGからは、工学的サポートによりシステムの吐出圧が最適化することで、ホースにかかる機械的ストレスが軽減されました。

最適化されたソリューション

「要約すると、ホース寿命に対する摩耗の効果は小さく、乾燥固形分およびポンプ速度などの因子の効果が遥かに大きい」とBredelホースポンプのアプリケーションマネージャーは言います。「Studstrupでは、システムに入る飛散灰の乾燥固形分は自動的に制御されます。これは、スラリが正常にポンプ移送できる限界を超えると、Bredel 40が起動して再度ポンプ移送できるようになるまで水を追加します。ポンプ速度について、これはホース寿命に対してほぼ線型の効果を持ち、速度を半分にするとホース寿命が倍になります。」

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信