水処理プラントでの石灰用途

Bredel社製SPXホースポンプカンザス州サライナにある水処理プラントでは、重力流式の石灰スラリシステムを使用していましたが、自社のプロセスにおける石灰需要の増加に対応できていませんでした。

石灰スラリのポンプ移送は、多くの処理プラントにとって保守の面で重大な懸案事項になっています。特に、ロータリーローブポンプ、スクリューポンプ、または遠心力ポンプでの移送に問題が生じています。これらのタイプのポンプでは、費用のかかる問題が発生します。たとえばロータ、ステーター、および羽根車の過度の腐食やシールの損傷、それに伴う長期間の稼働停止などが挙げられますが、これらはほんの一例にすぎません。

このプラントは、保守作業が最小限に抑えられることから、Bredel社製のホースポンプを検討することにしました。シンプルな設計のこのポンプには、吐出や洗浄の邪魔になるバルブや死角、グランドパッキンシールがなく、液体をスムースに移送することができます。これは石灰スラリのポンプ移送にとって不可欠な要素です。なぜなら石灰スラリは堆積しやすく、他の容積式ポンプでは詰まってしまうことがよくあるからです。唯一の摩耗部品であるホースは、ポンプを解体しなくても1時間以内で交換することができます。

元の設計を改訂するにあたって、コンサルタントはBredel-40チューブポンプを2台使用することにしました。2台のポンプが導入されて常時稼働するようになってから、需要が増加したため、同プラントは3台目のバックアップ用ポンプを購入しました。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信