オフガス問題の解消

520によるオフガス問題の解消電気、光ファイバー、水および廃水処理を供給しているミシガン州ホランドの市営施設は、水処理プラントでダイヤフラムポンプを使用していました。困ったことに、この施設で使用される次亜塩素酸ナトリウムやアンモニア水などの化学物質はオフガスが発生しやすく、その結果、ダイヤフラムポンプでベーパーロックが起きてしまいます。また、ねじ込み継手を使用した当初の設備構成では、多数の液漏れが発生し、費用のかかる保守作業を頻繁に行う必要がありました。

地域担当者はプラントの技術者に対し、Watson-Marlow社製のチューブポンプへの交換を提案しました。ダイヤフラムポンプと異なり、チューブポンプにはチェック弁がないため、不正確な吐出の主原因が解消され、ベーパーロックは発生しません。

この水処理プラントは、化学物質を定量吐出し、下流の各地点で殺菌剤を随時追加するために、5台の520シリーズポンプを購入しました。プロセスの後半では、別の2台の520シリーズポンプがフッ素供給システムに使用されています。

現在は、どの技術者もチューブを交換するだけでよくなり、交換は数分で完了します。チューブのコストは、ダイヤフラムポンプの再組み立てに比べればほんのわずかであるため、同プラントは自社の用途に関連する全体的なコストを大幅に削減できます。

 

500シリーズの詳細

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信