廃水殺菌およびポリマー供給システム

廃水処理業向けWatson-Marlow社の620シリーズチューブポンプカンザス州ローレンスにある廃水処理プラントは、次亜塩素酸ナトリウムを使用して廃水を殺菌しており、高額な保守費用がかかっていた使用期間1年のダイヤフラム定量ポンプ3台を、弊社の620シリーズ定量ポンプに交換しました。

次亜塩素酸ナトリウムの腐食性とオフガスが発生しやすい性質によって、ダイヤフラムポンプでは機能停止やベーパーロックが発生し、稼働停止による高額な費用がかかっていました。Watson-Marlow社の600シリーズチューブポンプでの成果を受けて、市は技術者に対し、次亜塩素酸ナトリウム、塩化第二鉄、亜硫酸水素ナトリウムなどの新しい薬液充填施設にWatson-Marlow社のシリーズチューブポンプを導入するよう指示しました。

このプラントの別の区域では、ポリマー供給システムの改良が進められていました。最初はスクリューポンプが設計されて設置されましたが、ポリマーへの適合性が不十分だったため、スクリューポンプのステーターを頻繁に交換する必要がありました。市は複数のステーター素材を試しましたが、どれも長持ちしないため、高額な交換部品と保守費用が必要になりました。

スクリューポンプと違い、チューブポンプではWatson-Marlow社のチューブ以外の部品はポリマーに接触しません。スクリューポンプのステーターよりも、チューブを交換する方が安価であることは言うまでもありません。市は、すべてのスクリューポンプをWatson-Marlow社の600シリーズ/a>チューブポンプに入れ替えることにしました。600シリーズの詳細

 

 

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信