濁度測定の中核を担うチューブポンプ

OEM水および廃棄物の濁度測定欧州の大手プロセスエンジニアリング企業は、水処理技術の中心部にチューブポンプを採用し、濁度を継続的に測定できるようにしています。

Watson-Marlow社製のこのポンプは、英国中の市営水処理プラントにある大規模な水処理システムに統合されています。Enpureの技術者はこのポンプを使用して、濾過された浄水の試料を濁度計に供給しています。

水処理において、濁度の測定は非常に重要な作業です。なぜなら、それによって市営水処理プラントが高品質な飲料水を供給できるだけでなく、濁度を継続的に監視することで、水を媒介とする寄生虫のクリプトスポロジウムを検出できるからです。

このポンプはWatson-Marlow社製のOEMシリーズ機器から選定されたもので、1日24時間稼働し、一貫した分量の水試料を濁度モニタに供給する必要があります。Enpureの専門家は、重力のみを利用して濁度モニタに送液する方法を好みますが、多くの場合、濁度計を十分に低い場所に設置することができません。それに加えて、Enpureの技術者はラインのサイズを最小限に抑えなければなりません。

EnpureのSteve Cole氏によると、この特殊な用途にチューブポンプが最適である理由は、一貫した流量で送液ができる点にあります。「すべてのポンプ技術が我々の必要としている流量で動作できるわけではありません。濁度計には毎時1Lの安定した流量で試料を供給する必要があります。チューブポンプは、まさに我々が必要としている流量で正確な送液ができます。たとえば遠心力ポンプは、大容量の水には有効ですが、当社の目的には適していません。」

Watson-Marlow社製のOEM(相手先商標製品製造)チューブポンプヘッドは、Enpureがこの施設で展開しているような方法に最適です。このポンプは、即応力に優れた構成機器を必要としている企業のニーズに対応できるよう設計されています。つまり、設備への組み込みが容易で、信頼性と耐久性に優れ、エンドユーザーは簡単に保守作業を行うことができます。

Watson-Marlow社製のOEMポンプは、数μl/minから数ml/minまでの流量に対応でき、1~32チャネルの流量を使用できます。設計コンサルタント業務がそうであるように、ポンプヘッド、ギヤ式モータ、フェースプレート、速度コントローラなど、すべては専門的な特注用途に対応できます。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信