汚泥処理におけるBredel-80のもう一つの成功例

水処理施設のBredel社製ホースポンプニューハンプシャー州沿岸部にある小さな町では、工場を改修するためにコンサルタントを雇用しました。町が出した要件の一つが、汚水処理量の増強でした。その目的は、負荷が低い深夜により多くの汚泥を取り込み、処理プラントへ供給することでした。この町では、過去に遠心力ポンプを使用してこの取り組みを実施しましたが、このポンプはタンクレベルが低下すると固形物や吸込揚程に対応できませんでした。最大の課題は、固形物を移送でき、低流量または流量ゼロの状況に耐えうる頑丈さを備え、無人運転が可能で、吸込揚程に対応でき、保守作業が簡単なポンプを見つけることでした。

偶然にも、コンサルタントはすでに、Bredel社製のホースポンプを導入して数台のデュアルディスクポンプと入れ替え、施設での濃縮スラッジのポンプ移送に使用する改修案を作成していました。しかしこのコンサルタントは、ホースポンプで未処理の汚泥を適切に移送できるかどうか確信がありませんでした。

バーモント州にある他の2つの自治体では、ホースポンプが同じ用途で導入され、すでに成果を上げていました。これらの事例を調査した後、コンサルタントは自分の設計を先に進めました。唯一の変更点は、吐出の容量を増やしたことでした。

それ以来、主任オペレータがBredel汚泥ポンプで問題を発見したことはありません。このポンプは固形物を移送し、低いタンクレベルでも容易に汚泥を移送して、優れた吸込揚程力を発揮しています。コンサルタントは、「汚泥貯蔵タンクの底を見るのには慣れませんが、私はこのポンプをたいへん気に入っています。契約先が塗ったピンク色にも平気なくらいですよ」と語っています。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信