スラッジ用途に最適のチューブポンプ

Watson-Marlow社のシリーズ工業用ポンプ下水道や水路への排出前に液体から浮遊物を分離する作業は、建設会社にとって長期間耐えなければならない頭痛の種です。

浮遊物がなかなか沈殿しない場合、この問題はさらに悪化します。この難題を克服するため、モンマスに本社を置くSiltbuster Ltd社は、Watson-Marlow社の革新的な500および600シリーズのチューブポンプを標準装備しました。これにより、非常に厳しい環境基準を満たしながら、建設プロジェクトを遅滞なく継続することができます。

Siltbuster Ltd社は、移動式のシルト管理設備を設計・製造している英国の大手企業です。同社は60件を超えるシルト汚染防止プロジェクトを抱え、その範囲はオークニー諸島、オーストラリアのニューサウスウェールズにまで及びます。

同社の主力製品であるSiltbusterは、一連の液体/固体分離機で構成されています。建設現場での一時使用向けに設計されており、割れ目や掘削穴、あるいは表面流出で採取され、ポンプ移送された水から浮遊物/油を除去します。Siltbusterユニットは、水路、地下水、および海洋の環境保護に対して改善の必要性が高まっていることを受けて開発されました。そのプロセスは現在、建設現場からポンプ移送される汚水の管理におけるベストプラクティスと考えられています。

しかしながら、すべてが順調に進むわけではなく、Siltbuster Ltd社の常務であるDr Richard Coulton氏は次のように述べています。「残念ながら、私たちは処理の対象が何であるか、それを目にするまでは完全に把握することができません。作業では、微粒子が非常にゆっくりと沈殿したり、まったく沈殿しなかったりすることもあります。そのため凝集や凝固、pH調整といった化学的処理によって、より速く沈殿するように補助する必要があります。このプロセスが円滑に進むよう、当社ではWatson-Marlow社の520620シリーズのチューブポンプを使用しています。」

Siltbuster Ltd社では、以前はダイヤフラムポンプを使って薬品を添加していましたが、バルブを詰まらせる砂粒が常に問題となっていました。

「建設業では稼働停止によって多大な費用がかかるため、ポンプの故障はもはや容認できませんでした。そこで当社は、代わりとなるポンプタイプを探しました。Watson-Marlow社製のポンプは頑丈で信頼性が高く、何よりも操作が易しそうでした。移動式ユニットであるSiltbusterシステムは、建設作業員が現場で保守作業を行わなければなりません。彼らはおそらく、水処理技術には詳しくないでしょう。」

Watson-Marlow社製のチューブポンプでは、チューブ以外は流体に接触しないため、流体またはポンプが汚染される危険はありません。流体はポンプヘッドに吸引され、ローラとトラックの間に密封されます。次のローラが前方へ移動すると、まとまった量の流体が排出され、そこに真空が生じることで次の流体がチューブに吸引されます。チューブを完全に密閉することによって、ポンプに容積式動作が加わるため、逆流を防止でき、ポンプの停止時もチェック弁は必要ありません。

このポンプは24時間休みなく使用されることも多く、スラリや粘性流体、せん断に弱い流体、および腐食性流体の処理に適しており、簡単に設置できて操作しやすく、保守にコストがかかりません。

従来型の沈殿タンクとは対照的に、Siltbusterプロセスでは、吸引された水/固形物の混合液が穏やかに移送され、傾斜板と傾斜板の間を通って上方へ送られて分離が可能になります。微粒子は傾斜板の上に沈殿し、底面に滑り落ちて収集されます。一方、処理された水はスカム止めの下を通って排出口のウエアに送られ、浮遊物があればスカム止めで捕捉されます。傾斜坂によってユニットの有効沈殿領域は劇的に拡大されるので、現場で広いスペースは必要なく、貯水池のように風によってプロセスが妨害させることもありません。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信