ダイヤフラムポンプに代わるBredel-100 ホースポンプ

スラッジ用途でのBredel SPXチューブポンプ光電池産業向けのシリコーン材料を専門とする世界最大の製造会社は、自社独自の水処理施設を所有しています。同社では、スラッジの処理にABEL機械ダイヤフラムポンプを使用していました。このシステムは、プラント周辺のさまざまな汚水だめからスラッジをタンクに収集し、それをプレートおよびフレームタイプのフィルタプレスへポンプ移送します。

このダイヤフラムポンプの信頼性に問題が生じるようになってきました。バルブが詰まり、ポンプの接液部を頻繁に再組み立てする必要がありました。この再み組立てにより、保守費用は1年間で約$40,000に上りました。そのうえ、プラントでは稼働停止による費用も発生しました。再組み立て後も、ポンプは最適に動作できるだけの十分な流量と圧力を供給できませんでした。

このポンプには、最大150 gpm(間欠稼働)の流量と最大225 psiの圧力が必要でした。Advanced Technical SalesのScott氏は、コントロールパネル、脈動ダンパ、圧力管理用の隔離室を備えたBredel-100のデモ用ポンプを提案しました。このプラントは、すでに520REポンプが塩素処理に使用されて成果を上げていたため、Bredel-100の試用を強く希望しました。

デモがきわめて順調に実施された後、関連する制御機器が購入されました。同プラントはBredel-100の性能に非常に満足しており、予備用として2台目のポンプを購入する予定です。

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信